« 試作のぼ、公開〜 | トップページ | こどしは、ジジで行ぐ! »

純情リンゴ

Ringo_1
浪岡の道の駅から、「雪むろりんご」ってやつが送られてきました。
雪の中に3カ月以上も保存されていたもの。果汁がすごいらしい。
食べてみた。じゅるじゅるっと果汁が出てきて、びっくり!
箱には、こう書いてありました。
******************************************
ご注意ください!この林檎をかじると「純情」があふれ出します。
******************************************
おおお!純情だぜよ、純情!
津軽弁で言うと、「おぼこい」。
だからこのリンゴは、津軽弁では「おぼこい林檎」となっている。
津軽地方では昔から、雪の室のなかで野菜を保存してきたらしい。
電気の室である冷蔵庫とは、ドラマが違うぜ。
まっ白な雪の中にずーーーっと隠れていた、まっ赤な林檎。
あふれ出す、みずみずしさ。まさに「純情」。やられました!

こりゃもう、純情汁のひとしずくもなくなってしまった組員に、
食べてもらうしかありませんな。

「ほいで、なにがすごいのさ?」
「雪むろリンゴだすてぃ」
「は〜〜ん、ムロってなんだ?」
そっからがい!りょういっつぁん。


|

« 試作のぼ、公開〜 | トップページ | こどしは、ジジで行ぐ! »

刺激ブツ」カテゴリの記事